プロフィール

*ともぴ*

Author:*ともぴ*
3人の子供(1997年8月生長男・2007年2月生次男・2009年6月生長女)の母です。
娘が生まれたのをきっかけに子供服作りを始めました。
作り始めて3年目突入です。
色んな事に挑戦しています。
お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです♪


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


FC2カウンターオンライン

現在の閲覧者数:

リンク


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティークキルト修復作業

こんにちは。

今日は遠い親戚のお葬式に行ってきました。
数年前に亡くなった祖母の義理のお姉さんが亡くなりました。
小さい頃はよく遊びに行って相手をしてもらったのを覚えています。
最近は病院にいたので全然会ってなかったのですが、土曜日だったこともあって
パパさんにチビたちをお願いして行ってきました。

祖母が亡くなった時のことを思い出してちょっぴり涙が。
歳とると涙もろくなってしまってだめですね。


さて、数日前にしていたことを。
全然子供服のことじゃなく、題名通り、アンティークキルトの話題です。
アンティークキルトの雰囲気が大好きで何枚か持っているのですが、これがまた
高価なものでしてね。。。
シミとかほつれのないものはとてもとても高くて私には買えません。
1枚くらいは持っていたいなとは思いますがまだ先かなぁ~と思っています。

そういう訳でキルトトップ(キルトになる前の1枚の状態?)を買うとか
シミとかほつれのあるものを買うなどして我慢しています。
でもこれが意外に良くって、ほつれを補修したりキルトトップをキルトにしてみたり
という作業を楽しめるんですね。

私は四角パッチが大好きで、自分で作るのもそうですけど、出来上がったものも
やっぱり四角パッチのものが好きなんですよね。
数年前からチビチビと修復しているキルトがあるんですが、これも四角パッチです。

数日前に修復した画像を記録として撮ってみました。
興味のない方はスルーしてください。

まず、ほつれの程度にもよりますが
quilt-1-1.jpg

このくらいならただ縫い合わせればOKなんですね。

こんな風になってしまうとパッチされてる生地自体が摩耗していて
使えない状態になっているので代わりの生地が必要になります。
quilt-1-2.jpg

そこでまずこの生地を綺麗に外します。
quilt-1-3.jpg

そしてその部分に似たような雰囲気の生地を持ってきてまつり付けます。
このキルトはフィードサックがほとんどなので、フィードサックの無地布を合わせました。
ついでに赤のストライプの生地のほつれも一緒に修復しています。
quilt-1-4.jpg

最後にキルティングを施して終了です。
このキルトはミシンでキルティングしてあるんですがそこはあまり気にせず
手でしちゃいました。
しかもちょっとゆがんでしまったw
quilt-1-5.jpg

と、ざっと載せましたが、こんな地味~~な作業がとても楽しいです。
キルトに触れているだけでなんだか癒される~~♪
ただ、いっぺんにたくさんはできなくてやってもやっても進まないというか
手作業なのでささっとは進まないんですよね。
なのでチビチビやって楽しむわけです。

他にもボロボロのキルトを綺麗な部分だけカットしてクッションにしてみたり
これがまた楽しいです。

子供服にハマる前の趣味のひとつです。
ちょっと楽しそうとか思いました?
一人でもそう思っていただけたら嬉しいなー

ではまた~何か出来ましたら。。。
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。